鉄風

千葉県を中心に僕が撮った鉄道風景写真をご紹介しております。 もちろん、管理人(ぐるぐるポック)のプライベートや 写真倶楽部(イチガンズ)の出来事なども掲載していきます。 FBやTwitterもやってますので相互フォローしましょうね。

タグ:いすみ鉄道

さて、この駅はどっちの会社の駅なのだろうか?

DSC_2578


まぁ、細かいことはおいといて
今回は、いすみ鉄道と小湊鉄道の撮影地のご紹介。

あ、今回は完全にお子様向き。または、車両が好きな人向きです。

ずばり、上総中野駅!!

ここは、いすみ鉄道の終点。
で、
小湊鉄道が始まる・・・

この逆の表現もあるな・・・。汗


ちょっとややっこしいけど

小湊鉄道の始発駅の五井駅から「下り」で中野駅が終着駅。
で、
いすみ鉄道に乗換え、中野駅が始発駅で「上り」で大原駅が終着駅となります。

お馬鹿な僕は頭混乱しながら時刻表とにらめっこしてた思い出があります。笑

DSC_2576


まぁ、すなわち
2会社の車両が見ることができる駅なのです。

個人的に
ここは思い出の駅で、僕が初めて撮り鉄をした駅なんです。
(養老渓谷の帰り)笑

あのときはD300にシグマレンズだったな〜〜〜


小湊鉄道の場合
中野駅の隣が養老渓谷駅なので

ハイキングや足湯の帰りなどに立ち寄ってみるのもお勧めです。

お子様、喜びますよ〜〜〜

K3_22403


カステラ色の車両は
コントラストが控えめの色が似合います。

いすみ鉄道の車両は不良なので喫煙者です。



K3_22437


※タバコの向きが逆じゃ!!笑

ちなみに
ここでの撮影に向いているカメラは「スマホ」「コンデジ」
レンズは広角、標準です。

マナーを守って楽しく思い出作りしてくださいね。ww

どこで撮った?
どこがお勧め?

と、ずっと前から聞かれ続けていて・・

少しづつですが
僕がお勧めする

いすみ鉄道、小湊鉄道、銚子電鉄の撮影地の紹介をしていきたいと思います。


まず、今回は
いすみ鉄道です。


車を停車する場所という観点からも
四季を通じて楽しめるという観点からも

ぜひ、新田野駅に行ってみてください。


https://goo.gl/maps/NdAM6qn9Q9T2


特にお勧めの時期は
桜の時期、稲刈り前、冬の朝です。

一見、「バス停?」

K_3_3873blog



と、思われると思います。笑

駅から大原(海側)に向かって歩いて散策すると
桜並木の場所くらいまでに色々な発見ができると思います。

春は菜の花やつくしも出迎えてくれます。

冬の朝は
ずばり、ギラリを狙うのがお勧めです。

D72_3997blog


置きピンで、アンダーに設定して
シャープに撮ってみると面白いですよ。


撮影地紹介のリクエストも大歓迎です。
お役に立てれば光栄です。

注意する側の罵声も含め、マナーは厳守して趣味を楽しんでくださいね。

カメラの中に仕上がり設定という項目があります。

ここは
各メーカーによって呼び方も異なれば色彩もことなります。


完全に好みの世界ですね。

スマホでも違ってくると思いますので
今度、お友達のカメラなどと比べてみるのもいいですね。

iPhoneなどはPENTAXと似ているな〜と思うし。


僕はPENTAXの「鮮やか」「ほのか」「銀残し」が気に入ってて

下の写真は銀残しにホワイトバランスで日陰をチョイスして
少し調整した写真です。


繰り返しますが、完全に好みです。

これからカメラを買う予定の人は、こんな細かいとこも気にして
選んでみてもいいかもしれませんね。


K_3_4066888


僕の場合
ズームレンズじゃないと趣味にならない。

自分の使う距離をそこそこ把握している。

絶対に広角は必要。そして、望遠でも特に70-200がダントツで多い。

趣味の分野的に
単焦点レンズはあまり使わない。

よく
基本は単焦点。上手くなりたいなら単焦点で学べ。
と目にしますが、

言っておきます、

単焦点レンズは写りがいいです。
そして沼にハマりやすい。
結果、色々と買って、あなたの財布をダメにする。笑

まじめな人がマジコメで時間を潰さないように
今回はオチを書いておきました。笑笑


さて、写真は
この時期では珍しい、綺麗なサクラとバス停。笑



K_3_3853

実は、僕は安室ちゃんのファンです。

雑誌の表紙の連絡とかきますが
買う勇気がでない。汗 おっさん、はずい!!笑

誰か、、買って届けてくれ!笑
まじで!!

お金は払いませんが、何か??問題でも??

しかし、、冗談抜きで、まじで欲しい。。。


さて、
写真は
千葉県のいすみ鉄道。

PLフィルターつけて撮ったらいい雲の表情が表現できました。



IMGP5343








↑このページのトップヘ