今回は銚子電鉄のお手軽な撮影地の紹介です。

まず、準備するカメラですが、
ズバリ、スマホのカメラでいけます!
コンデジでも用意できたら最高です。

これには理由があり、
銚子電鉄は道路と線路の距離が比較的近いので
望遠レンズで遠くから撮るよりも、近くに行き、スナップ写真的に撮った方が楽しめるからです。

もちろん、
僕は望遠レンズも使って撮ってますが、
まず、最初に気軽に写真を楽しむならがっしり構えなくても大丈夫です。

イチガンを持っているなら標準レンズや広角レンズがお勧めです。

次に撮影地ですが
まぁ、、、色々といい場所はありますが、
最初は犬吠駅がお勧めです。

歩いて次の駅、前の駅に移動しても大変じゃありませんのでご安心ください。

確か、全長でも7キロ弱くらいのミニ路線です。

犬吠駅からは灯台も近いので観光も楽しめます。
また売店で名物のぬれ煎も売ってますし、中井精也先生の写真も展示してありますので
写真以外でも楽しめます。

この写真を撮った時間は9月上旬の午後5時くらいですが、
太陽の位置がとても面白い方向にありますので、逆光でも順光でも撮影が楽しめます。

DSC_2418


DSC_2398


DSC_2394



おまけで、
車両が好きな方は、仲ノ町駅がお勧めです。

ボ・い、、、失礼、、
味のある、、、写真も撮れます。笑

DSC_2297




昭和の古新聞風にiso感度をわざと強調させてセピア調で。

最後に、
ローカルといえども交通量はそこそこなので
「静的」な旅情は夜がお勧めです。